読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業マンブロガー〜ノウハウと働き方とその他もろもろ〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方などを書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

銀座で初めて回らない寿司を食べたらとんでもなかった話~鮨いつき~

どうもこんにちは、営業マンブロガーです。

桜も散ってしまいましたが、比較的過しやすい気候になってきましたね。

来週からはクールビズが始まる会社も多いのではないでしょうか。

言うて来週からゴールデンウィークですね。

予定がパンパンな人も多いと思います。

 

僕は比較的営業成績が会社の中でも良いほうではあるのですが、先月かなりの好成績を収めることが出来たので部下と一緒に銀座の回らない寿司に行ってきました。

 

正直恥ずかしながら、お寿司と言ったら回転寿司というイメージしかなく、僕は寿司というのは回っているものだとずっと思ってました。

そして2貫で100円くらいの価値観しか持ってなかったのですが、達成会なども込めてだったので豪勢にいこうということで、メンバーの意見で銀座のすし屋にいくことになりました。

 

テレビでよく聞くザギンでシースーですね。

 

行ったことの無い環境、風習などに触れるとなんか大人になったなーという勘違いをしてしまいがちですが、今回の経験はとてもいいものになりました。

そういうところ、お高いところに行くのが如何にも初めて丸出しでいったのですが、行ったお店の大将がとても気さくな方で優しい方でした。

食べ方も正しい食事作法、マナーも分からないままではありましたが、1から丁寧に食べ方や佇まいまで教えて頂くことが出来、非常に良い経験になりました。

 

たまには自分の知らない世界、身の丈を少し超えた世界に飛び込んでみるのはいいことですね。

人生の経験になります。

これでお得意先の人と鮨に言っても恥ずかしくないはずです。

 

こういう経験というのは失敗から学ぶことが多いので、失敗を出来てよかったです。

 

肝心の味はというと

もう回っている鮨は鮨じゃないんじゃないか、むしろこれが鮨じゃないんじゃないか思ってしまうほどの味でした。

ネタの新鮮さも全く違いますし、生きているものをその場でさばいてくれるので色味も全く違います。

そしてシャリも温かみというか程よい酸味があってたまらないです。

僕が一番感動したのはわさびですね。

全然つーんと来ないんです。

むしろ、甘みを感じることが出来ます。

 f:id:imawoikiru2202:20170427101129j:imagef:id:imawoikiru2202:20170427101135j:imagef:id:imawoikiru2202:20170427101140j:imagef:id:imawoikiru2202:20170427101319j:imagef:id:imawoikiru2202:20170427101318j:image

そういうところにも拘っているからこその高級感だなと思います。

 

次は高級鉄板屋に行きたいと思います。

 

今回は日本酒や泡盛を飲みすぎてしまったので、次は赤ワインですかね。

 

楽しみにしながら仕事頑張ります。

 

  • まとめ

いかがでしょうか。みなさんも一度は行ってみたいですよね。

高級鮨、回らない鮨。

是非一度だけでいいので行ってみてください。

 

ではでは。