営業マンブロガー〜ノウハウと働き方とその他もろもろ〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方などを書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

営業を理解するのには3年じゃ足りないという話

どうもこんばんは。

営業マンブロガーです。

 

よく仕事は3年続けなきゃだめだみたいな言葉聞く機会多いですよね。

3年続ければ転職がしやすいだとか何かと3年をめどにしている人も多いと思います。

 

現に何で仕事を続けているかわからないけど、仕事がブラックだけど、

3年とりあえず頑張ってみようかなと言っている人を結構見ます。

 

しかも3年経ったからと言って仕事をいっちょまえに覚えた気になっている人が多い。

 

僕は営業マンなので営業職の話をさせてもらうと、営業マンって単純な仕事ではあります。

モノをお客様に販売する、買ってもらうってことです。

それだからこそ、少し数字が出てくると仕事を知ったような気持ちになってくるんですね。

こうして悪い意味で調子にのってしまう人がいるんですね。

 

営業の仕事というのは一生モノです。

どんな人でも伸びしろがあり、完璧とは言える人はいない仕事です。

それはなぜか。

人と人の商売だからです。

同じ人に同じものを売り続ける営業マンなんていません。

様々なお客様に様々な商材を売ることになるでしょう。

人と人との関係に正解がないように営業にも公式だったり、正解は存在しません。

強いて言えば正解は契約ですかね。

 

それのための過程だったりに正解はありません。

 

その正解を見つけるために営業は勉強したり、様様な知識を増やし、話をします。

 

この正解というのはいつまでたっても見つかりません。

 

営業マンは常に成長していかなければいけない職種です。

現状維持は後退でしかないです。

 

そんな気持ちを大事にしていくことが必要です。

もし、知ったかぶっている営業マンがいればその方に成長はないでしょう。

成長は常に自分の問題点、課題を見つけそれに取り組んでいくことが必要です。

 

  • まとめ

いかがでしょうか。

ちょっと勘違いしている人も多いと思います。

今一度、自分にとってその勘違いを見つめ直し、成長のために動いてみてください。

ではでは。