読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業マンブロガー〜ノウハウと働き方とその他もろもろ〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方などを書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

お酒を飲みながらまじまじと仕事の話をする人は仕事できない人だと思う

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

今月の成績がとてもよく終われそうなのでしばらくはブログも真剣に色々数字を伸ばすために書いていきたいと思います。

ここ最近いきなり気温も上がり、服装もコートがいらない季節になってきましたね。

 

ということで本日のテーマは「お酒を飲んだ時に仕事の話をまじまじとしてくる人は仕事できない人だと思う」というテーマで書いていきたいと思います。

 

よくみなさんも仕事帰りだったり、上司に誘われてだったり、接待だったりで仕事関係の人とお酒を飲む機会って非常に多いと思います。

実際、あんまり自分的にはあんまり気が向かなかったり、乗り気じゃない飲み会も多いことでしょう。

ただ、サラリーマンの場合、お得意さんだったり、取引先の方から誘われた場合ってなかなか断りづらいのが現状だと思います。

また上司に誘われても同じですね。

もちろん、断る権利は当然あるので、断っても全然大丈夫です。

断って関係が悪くなってしまう関係なんてそれまでの関係だと思いましょう。

深い関係はもっと違うところで作れると思うからです。

 

断る勇気を持とう。

 

ただ、普通に行く人もいると思います。

お酒が好きだったり、取引先の方が面白かったりすれば別ですね。

 

ただ、仕事関係の飲み会にやたら仕事の話をしてくる、したがる人っていると思います。

みなさんはどうお考えですか?

あくまで固定概念の世界なのでこう言った考えを持ってますくらいではあるのですが、大抵飲みながらまじまじと仕事の相談だったり、考え方をずっと延々としゃべられても僕はシラフの時にそう言った真面目な話はしてくれよといつも思ってしまいます。

 

その人の承認欲求を満たしているのかもしれませんが、僕は耳を塞ぎたくなってしまいます。

共通の話題が仕事関係のことってなってしまうのかもしれないですが、人と人との関係でもちろん、共通の話題から仲良くなるパターンもありますが、ほとんどは色々な話題だったりその人のことを知って行って仲良くなることのが多いと思います。

仕事のこと以外知ろうとしないのでしょうか。

普段の生活だったり、趣味、交友関係だったり色々ある中であえて仕事の話をチョイスするというのは僕自身会話のセンスがあまりないなと思ってしまいます。

 

仕事において会話のセンスってすごく大事だと思っています。

どういったことを話せばこう言う風に伝わる、こう言えば盛り上がるなどを分からないというのは不利なのでしっかり学んでいきましょう。

 

そしてこの会話のセンスがない人は大抵仕事ができない人と踏んでおります。

 

なので結果的に「まじまじと飲んでいる時に仕事の話をする人は仕事ができない」という風に考えております。

 

  • まとめ

いかがでしょうか。

あくまで僕の考えではありますので、いやあの人はとかあるかもしれませんがそう言った批判ではないので。

あくまで考え方の問題です。

では有意義な休日を