読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業マンブロガー〜ノウハウと働き方とその他もろもろ〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方などを書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

歌詞を書くことの難しさを痛感する

どうもこんばんは。

日曜のこの時間になってくると憂鬱になっている人も多いのではないでしょうか。

休みから仕事になる部分ってどうしてもなかなか気分が上がらないことが多いですよね。

そんな僕は仕事が楽しいのであまりそんなことは思いませんが。。

二日酔いも治ってきてギターの練習をしながらブログを書いております。

 

ギターって本当に奥が深いし、難しいんですよね。

そして本日のテーマは「歌詞を書くことの難しさ」というのを書いていきたいと思います。

 

みなさん、普段音楽って色々な場面で聞くことが多いと思います。

 

電車の中だったり、店の中、移動中などにイヤフォンで聞いたりですね。

当たり前ですが、曲には歌詞が存在するものが多いと思います。

 

最近、自分自身で作詞作曲をやることが多いので、痛感するのですが、作曲はもちろん難しいです。

 

ただ作詞もとても難しいなと思います。

 

 

作詞って正直誰にも書けそうって思っている人が多いと思います。

ただ、実際書いてみるとメロディーに合わせるための語呂だったり、イメージに合わせなければいけないですし、当たり前の歌詞ばかり書いてもつまらない歌詞になってしまいます。

今の時代、変わっている歌詞だったりがとても注目を浴びていますし、その方が歌詞としてとても魅力的だと思います。

 

作詞家が存在するのが身をもって理解できました。

 

みなさんも作詞やってみてください、意外に楽しいですよ。

 

  • まとめ

いかがでしょうか。

普段とは違う角度ですが、歌詞って本当に練られて作られてるんだなと実感。

なめてた自分が恥ずかしいですね。

ではでは。