営業マンブロガー〜ノウハウと働き方とその他もろもろ〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方などを書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

映画「シングストリート」を見てみて〜感想と思うこと〜

どうもこんばんは。

昨日書いていた途中で寝てしまった記事を公開したいと思います。

今日は各地で天気が荒れていたようですね。誠に残念なニュースが多いですね。

この季節だと雪崩や土砂崩れによるものが多く見られると思います。

自然の力は自分が思っているより大きなものなので、なるべく危険を感じたら近寄らないということが大事だと思います。

 

 

今日は、映画のレビューっぽい記事を書いていきたいと思います。

僕は、趣味が多くありましてその中に映画鑑賞も入っております。前の記事にもありますが、映画は人間の発明した品の中でも偉大なものだと考えております。

休日特に予定がない時はとりあえず映画を見て見たい映画を調べたり良さそうな映画をレンタルショップで探したりするのが日課ですね。

もちろん、日によってそれがギターだったり、本だったりしますが、それは気分ですね。

昨日の気分は映画鑑賞の日だったので、特に見たい映画はなかったので、手当たり次第良さそうなものを選んでいく。僕は基本的に何かを選んだりするときに直感で選んでしまうタイプです。

なので、今回の記事の映画も最初から見たかったわけではありませんが、久しぶりにとてもいい映画だと思えるようなものだったので書いてみる次第です。

 

  • シングストリート

f:id:imawoikiru2202:20170328001420j:plain

あらすじとしては、

 

1985年、大不況のダブリン。人生14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を撃ち抜かれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛練習&曲作りの日々が始まった――。

引用:「シングルストリート」公式サイトより

f:id:imawoikiru2202:20170328001436j:plain

 

 

という少しありきたりなあらすじではあるのですが、この家族構成もまた面白い味を出してきます。

とにかく兄の存在がとてつもなくでかいですね。

 

近代映画というよりは少し古臭い映画になっているかもしれませんが、そこがまた味が出てていいです。

 

  • 「シングストリート」の見どころは?

f:id:imawoikiru2202:20170328001458j:plain

これはもう単純に絶対的に映画に使われている楽曲の素晴らしさですね。少年たちが曲を作る姿だったり、曲が出来上がっていくあのワクワク感から出来上がった曲をみんなで弾いてみる。それまで無関心だった人たちまでも魅了されてしまう曲の良さが本当に素晴らしいです。

 

音楽って本当に素晴らしい、何かを変えられるものなのではないかと改めて感じれる映画です。

 

こういうスクールオブロックもそうでしたが、学校に縛られず、正しいと思うこと、好きなことを音楽を通して表現する映画は大好きです。

もっと探してみようと思います。

 

  • まとめ

f:id:imawoikiru2202:20170328001513j:plain

いかがでしょうか。とにかく1度見て欲しい映画です。音楽を聴くのが好きな人だったりは特にハマってしまうかもしれません。何かにハマっていく姿というのはどの瞬間よりも輝いていたりするものです。今後ブログでは映画の紹介も軽くしていきたいと思います。

 

ではでは。