読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業マンブロガー〜ノウハウと働き方とその他もろもろ〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方などを書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

元社員が語る、旅行代理店の現状とこれから〜てるみくらぶの件を踏まえて〜

おはようございます。

今日は雨ですね、こういう日曜日に雨が降ると出かけている方、出かけようとしている方が少し運が悪かったなと思っている方が多いと思います。

人間は本当に生き物の中で1番になった気になっているかもしれませんが、どう頑張っても自然には勝てません。

自然を愛する気持ちは忘れずにいましょう。

 

というわけで本日のテーマは「旅行代理店の現状とこれから」というテーマで記事を書いていきたいと思います。

実際代理店業をやっている全ての会社に言えることなのかもしれませんが、書いていきます。

 

  • 旅行代理店の現状

f:id:imawoikiru2202:20170226021656j:plain

旅行代理店とは・・・単純に消費者の方が直接ホテルや航空券と取るのが難しかったり、高かったりするので、その作業を代理でやっている会社です。

以前まではそもそも直接消費者の方がホテルや航空会社と取引が出来なかったのですが、インターネットの普及によってそれが簡単にできるようになったので、以上のような言い方になると思います。

 

皆さんも今では国内などは特に自分でホテルをとって新幹線や飛行機をとって旅行に行くという方も非常に多いのではないでしょうか。

海外であれば少し不安という気持ちの元から代理店に頼むという方が多いような気がしますが、以前に比べては減ってきているような気がします。

旅行代理店で旅行を頼む場合、

まず、旅行代理店だったりトラベルコなどのポータルサイトを見て旅行のツアーを選びそこから申し込みに入ると思います。

そこで名前やパスポート番号などの詳細情報を入れて申し込みということになり、そこからお支払い開始となります。

 

f:id:imawoikiru2202:20170326192529j:plain

旅行代理店の仕事としては、ツアー企画、航空券手配、ホテル手配、ツアー手配が主な仕事となります。ツアー企画や商品開発とうたっているので、自分で今までにないツアーを企画するぞと意気込んで旅行代理店に入社していく人もいるかもしれませんが、9.9割の確率でそんなことできないと思っていてください。基本的にツアー企画という仕事もホテル側から航空会社から出された料金を組み合わせて行うだけです。

ツアーに関しても自社で現地に法人を持っていない限り、それこそそれ相応の立場になったりしないと新しいツアーなどの企画など出来ません。しかも残念なことに観光地というのは有限ですので、ツアーも同じようなものしか生まれません。というかほとんどのツアーはもうすでに商品として売られてます。

大手旅行代理店でない限り、現地法人を立ち上げ、日本人の社員を飛ばしてみたいなことが出来ません。ほとんどの旅行代理店は現地法人と言っていますが、現地のツアー企画会社だったりと締結しているだけだったりもします。

なので、単純な卸売ですね。そしてこの卸売ですが、ホテルや航空券の料金を組み合わせてツアーを企画して販売しても絶対に売れません。それは今旅行代理店の中で牛丼戦争が始まっているからです。いわゆる価格競争ですね。正直に書くと、赤字くらいにしないと他社の方が安くて販売など出来ません。ではどうやって利益を出しているのか。これは会社によって違うかもしれません。例えばビジネスクラスやファーストクラスの商品に力を入れてそこのユーザーを狙ったりですね。そもそも赤字のまま売り上げを伸ばし、売り上げだけで回しているいわゆる自転車操業をやっている会社も少なくないのではないでしょうか。

 

話を戻すと消費者の方が申し込みをしてから代理店の仕事が始まるわけです。

 

申し込みをされた航空券をとってホテルをとってという形になるのですが、作業が全て自動化されていれば特に問題なくという形になると思いますが、人の手で行われた場合、ミスが生じます。ここで迷惑を被った消費者の方も多いのではないでしょうか。

 

こういった感じの流れになってますが、いかがでしょうか。

 

  • 旅行代理店のこれから

f:id:imawoikiru2202:20170326192549j:plain

4月から旅行代理店に就職するであろう人もいるので心苦しいですが、あくまで自分の考えですが、旅行代理店に限らず代理店業のこれからの将来は真っ暗です。

そもそも代理する必要がなくなるからです。

冒頭でも申し上げましたが、インターネットの普及によって消費者の方が、直接取引きできるようになってきたからですね。

旅行だと本当に分かりやすいし、今では簡単に安く取ることができます。

その方が、逆にミスなどなく安心して旅行に行けるかもしれません。

代理店には将来性が全くないビジネスです。

営業力がないが為に使っている営業代行会社とかであればまたちょっと将来性は旅行代理店よりはあるかもしれないですが。

今は商品も簡単に1個人が作れる時代ですし、フリーランスなどの働きかたも普通になってきてます。

その中でこれから代理店がいかに社会の中で生き残っていくのか楽しみですね。

僕はそれが嫌で転職に至りました。

 

  • まとめ

f:id:imawoikiru2202:20170326192625j:plain

いかがでしょうか。単純に批判みたいになってしまいましたが、あくまで私の考えです。これから就活する方もいるでしょうかからその人の参考になればとも思います。

僕は絶対に保険、広告も含め代理店はオススメしません。

ビジネスには短期、中期、長期が見込めるものがありますが、代理店は後退のビジネスです。しっかり中長期プランがしっかりしている会社の方が将来性はあります。

そんなに会社に勤める気がないのであれば経験も含めていいと思いますが、しばらく身を置きたいと思っているなら考えた方がいいかもしれないです。

 

note.mu

ではでは。