読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業マンブロガー〜ノウハウと働き方とその他もろもろ〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方などを書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

どうしたら売れる営業マンになれるのか

どうもこんばんは。

今月もいいスタートが切れそうな営業マンです。

会社によって締め日だったり、締めの期間ってのも全く違うと思うんですが、月初とかって凄く大事な期間だと思います。

次の記事は、仕事の記事を書くと宣言したので書きたいと思います。

 

本日は営業のことについて書いて行きたいと思います。

 

  • 営業ってどんなイメージがありますか?

辛い、ノルマがきつい、怒鳴られる、成績が出ないとクビになるなんてマイナスイメージが凄く強かったりすると思います。

 

正直、どの業種のイメージを聞いてもマイナスなイメージが強かったりするかもしれませんが。

 

ただ、このマイナスイメージって自分が仕事をしていない、成績が悪い時に出てくるイメージだと思います。

逆に営業職の場合、成績がめちゃくちゃいいとどうなりますか?

ノルマは達成しているので辛くない、成績がいいのでむしろ褒められる、成績がいいので歩合やインセンティブが入ってくるのでお金も増える、そして成績がいいので早く帰れるっていう形になると思います。

これって他の職種だとなかなかないと思います。

どちらかというと時間で縛られる職種が多いと思います。

営業というのはわかりやすく、数字を出せば仕事をしたということになるんですね。

 

なので、単純に売れる営業マンになれば素晴らしい職種だと思います。

 

では、どうしたら売れる営業マンになれるのかというのが大事ですね。

 

  • どうしたら売れる営業マンになるのか

 

ここではあくまで、扱う商材、相手によって売り方は変わってくるので、売り方ではなく考え方を書いて行きたいと思います。

だいたい、こうやれば売れるなんて言ってる営業セミナーほど怪しいものはありません。売り方を教わっていては例えば他の商材になった時にまったく売れなくなります。

これでは営業マンとして柔軟ではありませんし、成長にも繋がりません。

なので、大事なのは考え方を学んでそれをいかに自分のやり方に落とし込んでいくかというのが大事な部分ですね。

 

では、どうしたら売れる営業マンになるのか。

ここでは、「売る」という行為があれば「買う」という行為も同時になされていいます。

大事なのは、売る側を考えるのではなく買う側のことを考えるということです。

自分自身も何かを買うという行為を必ずしているはずです。

営業を受けてというのはあまりないかもしれませんが、コンビニで飲み物を買ったり、居酒屋でお酒を買ったり、服を買ったりですね。

あなたはどういう気持ちでモノを買ったりしますか?

またどうなったら買おうかなという気持ちになりますか?

 

ここを考えずにただ売ろうとしている営業マンはうまくいきません。

 

微妙な違いではありますが、すごく大事なことです。

 

  • まとめ

いかがでしょうか。何においてもやり方ではなく考え方を学ぶというのは大事なことで視野が広くなる秘訣でもあります。

また、営業マンの成長に終わりはないので、常に課題を見つけ、その課題を解決できるように取り組んでいくことも大事です。

最後に自分自身のアポのノウハウを公開してますので、気になった方は是非読んでみてください。

 

 

note.mu

 

ではでは。