読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業マンブロガー〜ノウハウと働き方とその他もろもろ〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方などを書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

転職のタイミング・やり方〜ブラック企業から離れたい〜

どうもこんにちは。

もうそろそろ4月を迎えるというのにだいぶ寒い日が続きますね。

花見などの予定もそろそろ立ってくるではないでしょうか。

 

4月といえば、新学期だったり、新卒だったりと色々と変わる時期だと思います。

幼稚園、小学校、中学校、大学に進学したり、または卒業をして就職という人が大変多い時期だと思います。

 

学生から学生だとそこまで変わらないかもしれませんが、新卒で社会人になるという方は生活が一変に変わるかもしれないですね。

楽しみでワクワクしている方も多いと思います。

 

ただ逆に不安も強いと思います。

自分の入る会社は大丈夫なんだろうか、同期と仲良くやっていけるだろうか、上司はどんな人なんだろうか、自分は社会人としてやっていけるんだろうか。

色々あると思います。

大抵の方はその不安を乗り越え、立派な社会人になるべく躍動すると思います。

 

ただ実際には、会社がブラックでとか上司がとか仕事がとかで入った会社を辞める方も出てくるでしょう。

 

本日はそういった会社を辞めてから転職までの話を自身の経験を踏まえて書いていきたいと思います。

 

・転職するという選択肢は有りか?

 

まずそもそも会社を辞めて他の会社に転職したりすることに対しての恐怖感みたいなところからお話しましょう。

結果から申し上げると全員有りです。

辞める理由などにもよりますが、僕は転職して大きな成功だったと思えるので結果として有りです。

 

ここで大事なのは新卒で入ったりしてすぐ辞めたりしたら他の企業からいい目で見られないんじゃないか?最低3年やらなければいけないんじゃないか。という意見ですね。

 

正直に言うとすぐ辞める人というのは根本的にどこに行っても良い目では見られません。それはそうですよね、単純にうちでもすぐ辞めてしまうんじゃないかと思われてしまうので。

ここで大事なのは何故辞めるかという理由をしっかり持つことです。

ここがはっきりしていれば何の問題もありません。

今の時代正直、人材は喉から手が出るほど欲しい会社はいくらでもあります。

選べるくらいにあります。

もちろん、大手とかですと少し難しいかもしれませんが、今第二新卒という言葉が普通に出てくるくらい転職が当たり前になっていて雇うのも普通になっているということです。

 

やはり2度目になりますが、辞める理由によりますが。

 

ただただ抽象的に辛いからとかつまらないからとかではなくそこを突き詰めて、なぜ辛いのか、つまらないのか。

それは解決できない問題なのかという根本的問題まで突き詰めることが大事ですね。

それで解決出来ない問題などであれば面接でも自信を持って答えることが出来ると思います。

 

・転職のタイミングは?

 

これはよく受ける質問ですが、転職するタイミングは在職中、離職中どちらにした方がいいのかという質問ですね。

 

これはどちらもメリットデメリットがあるのでその人によって変わってきます。

 

在職中に転職活動をすると、まず安心感があります。これは本当に大きなことです。最悪面接に落ちても会社にいるわけですからお金に困ることはないです。

ただデメリットとしては、本業があるので探す時間や面接に行ける時間が限られてくるので受けられる企業と難しい企業が出て来てしまうということです。

効率よく出来る方であれば全然問題ないとおもいますが、なかなか転職活動というのも次は失敗しないぞというプレッシャーもあるので難しかったりします。

 

次に離職中に転職活動をした場合ですね。

こちらのメリットとしては、本当に転職の事だけを考えることが出来、選ぶことが出来、行動することが出来るので様々な行動ができます。

色々な人に会うことも出来ますね。

受けられる企業も増えます。

ただデメリットとしては、働いていないのでお金の部分ですね。単純に貯金から削られていく形によります。

またこれによって次を早く決めないとというプレッシャーにも負けないようにしなければなりません。

あまり辞めてから再就職まで時間が空くのは好印象ではないので。

 

それぞれにメリットデメリットがあるのでこちらは人それぞれですね。

 

・まとめ

 

如何でしょうか。僕はちなみに離職中に転職活動をした組です。

転職活動に大きな時間を割きたかったからです。

皆さんも自分の考えに従って動いてみましょう。

そして転職自体を辞めた方がいいと考えることが出来るのも大事なことなのでそれはお忘れなく。逃げ続ける人生に得られるものはあまりありませんので。

逃げるのではなく挑戦に置き換えてポジティブに生きていきましょう。

 

ではでは。