営業マンブロガー〜ノウハウと働き方とその他もろもろ〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方などを書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

4月からの新社会人に向けて~営業職を選んだ方へ~

どうもこんばんは。

本日は自分自身でもツイテなかった日だと思います。

途中で笑ってしまうくらい運がなかったかなと思います。

こういう日を自分のせいにするかタイミングのせいに出来きるか。

こういう少しの気持ちの違いでも仕事に対する姿勢だったり、感じ方というのも変わってくると思います。

今日起こった出来事はまた後日、書いていこうかと思います。

 

本日のテーマは「4月からの新社会人へ向けて」というテーマでやっていきたいと思います。

3月と4月に掛けての時期は大きな出会いと別れの時期ですね。

学生の場合は卒業、入学、大学生は卒業、就職、またはそれ以外の道に進んでいくことになります。

学生はある程度レールに乗って進んでいくことになるので、「友達できるかなー、何の部活入ろうかなー」なんて考えている方が多いかと思います。

ただ、これから就職だったり、独立、フリーランスなどで社会に出る人たちは少し違う気持ちでいるかもしれません。

これからはレールに乗っていく人生ではありません。極論、会社は先生ではありませんし、学校ではありません。なので、基本的に出来ない人のことを考えて授業や課題を出したりということは一切ありません。基本的に出来ると思って仕事内容を振ってきます。またこれからの時代、自分でレールを敷いて歩んでいくことになります。

社会人生活にわくわくする人もいれば大きな不安を抱えている人も多いでしょう。

 

ここで1つ、曲りなりに僕から一言申し上げたいと思います。

①常に疑問、興味を持つこと

これは僕自身が会社員になってずっと心に留めておいている考えです。

会社員になると仕事が上から降りてきてその仕事をこなすという流れがあります。

もちろん、職種にもよりますが。

基本的には右も左も分からない新入社員には仕事を与えてそれをこなしてもらう方が会社側も楽だからです。

ここで大事なのは、その仕事の流れに常に疑問、興味を持つことを意識してください。

どうしてここの仕事はこうなってるんだろう、ここのお金の流れはどうなってるのか。

上司の仕事の振り方はこれであってるのか。

そもそもこの仕事は効率化できるのではないか。これをこうやって生かしたら面白いのではないかという自分で考える力というのを養ってください。

でないと、成長できないまま良いように会社に扱われる人間になってしまいます。

もちろん、そういう生き方が良いと思うならそれでいいと思います。

自分が会社を変えてやるという気持ちくらいはもっておいた方がいいです。

全ての会社が全て効率の良いやり方でやっているとは限りませんので。

 

②結果が出なくても挫折をし続ける、そして諦めない

ここは凄く大事な部分ですね。恐らく一緒に入った同期の中でも入社してから半年くらいで仕事の出来る出来ないという差が出てくるかもしれません。ただここで出来る差なんて小指の爪の先くらいしかありません。焦ることはまったくありません。

僕の経験上、入社当時に色々挫折して考えて行動している人の方が後から伸びて、結果を出すことが多いです。

最初に結果を出せることも凄いことですが、基本的にその人が貪欲でない限り、中々成長が出来ません。いつでも人を成長させるのは挫折なのです。

挫折してあいつより結果出てないし、自分ダメなんだと思わないこと。

誰も入社3年くらいで仕事が完璧に出来る、理解するなんてことは絶対にないので。

知っている風になっているだけです。いつでもビジネスには探究心が必要なのです。

大事なのは挫折をし続け、考え行動をすることです。

 

③とにかく楽しむこと

最後はこれですね。とにかく仕事は楽しんでやらなければ何の意味もありません。

そもそも仕事は楽しいものです。人によっては遊びの延長線上が仕事と考えている人も居るくらいです。素敵な同期、上司、仕事に必ず出会います。

そんな環境の中仕事をするということを心から楽しんでください。

楽しみ方が分からない方は楽しみ方を探してみてください。

もし本当に無理なら転職をすれば良いだけです。

 

  • まとめ

いかがでしょうか。そろそろ卒業旅行も終わりに近づいて本格的に社会人の準備をしている人が多い時期だと思うので書いてみました。

とにかく自分はこういう人間だというところをまずは知ってもらいましょう。

もちろん、悪いことは悪い、失敗は失敗で受け入れること。

そして有意義な社会人生活を送りましょう。

最後に新社会人向けに読んで欲しい本があるので紹介させて頂きます。

 

note.mu