読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業マンブロガー〜ノウハウと働き方とその他もろもろ〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方などを書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

誰かの為、何かのために働くということ

どうもこんにちは。

あいにく今日は天気が悪いですね。

急に雨が降ったり、降らなかったり。

今日みたいなはっきりしない天気は過ごしにくい一日となっているでしょう。

 これも恐らく人で別れるんだろうな。

すっきりしている天気が好きな人とそうでもない人、むしら今日みたいなどんよりした感じの空の方が好きかも。みたいな感じですね。

 

さて、本日のテーマですが、『誰かの為、何かの為に働くという働き方』について書いていこうかと思います。

 

漠然とした質問になりますが、皆さんは何のために働いていますか?

 

生活の為、家族の為、自分の為、買いたいものがある為、旅行の為など色々あると思います。

また以前はこうだったけど、今はこのために働いてるなんて人もいると思います。

仕事の目的って人それぞれだし、時期やタイミングによって変わってくると思うんです。

 

働くことや、お金を目的にしては豊かな人生は送れないと思います。

大事なのは、働くことと、お金というのは手段でしかないということです。

 

今の人は働く、お金が手前にあって、それがあるから奥の目的に辿り着けると考えがちですが、違います。

 

本当は目的が手前にあって、奥に手段としての働くことや、お金があるのです。

 

そして、その目的が何かの為であって欲しいと思います。

 

よくドラマや、漫画の世界で『大切な人の為に強くなる』とか『お前が居たから俺はここまでこれた』などといったセリフや世界観がありますが、これは危険性を伴いながら大切なことだと思います。

 

自分以外の何かの為にという目的は、悪く言えば他者依存ということになってしまいます。

なので、人によっては、生きづらさを感じてしまったり、何かの為にがなくなった時に心が空になってしまいます。そういった危険性を伴っているのです。

しかし、僕は逆に美しいものだとも考えています。

自分にないものだからかもしれません。

 

他者依存の生き方が良いのか悪いのかななど正解など一切分かりません。

生き方に正解などないのだから。

 

他者依存が良いとも悪いとも言えませんが、他者依存の中にも自分の舵をとる根本的な部分があれば、全然問題ないのかなと思います。

 

・まとめ

 

如何でしょうか。このブログの記事は文書も変だし、まとまってなかったので消しちゃえと思ってたのですが、自分の裸をここに買いていこうと思ったので載せることにしました。

ブロガー目指して頑張るかー!