営業マンブロガー〜ノウハウと働き方とその他もろもろ〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方などを書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

イメージ、思い続けることの大切さ〜営業マンとして・人間として〜

どうもこんばんは。

恐らく昼食べた激辛料理のせいでお尻が日を吹いている僕です。

激辛料理とか食べて後悔するんだけど、また食べたくなってしまうあの感情はなんなんですかね。

体に悪い事をたまにしたくなるというような気持ちってあると思います。

ストレスとかが関係しているのかもしれませんが。。

 

では、本日の本題に入っていきたいと思います。

本日の記事のテーマは「イメージ、思い続ける事の大切さ」というテーマで書いていきたいと思います。

 

  • イメージをする

f:id:imawoikiru2202:20170226021558j:plain

みなさん、仕事の時、プライベートの時に限らずイメージってすると思います。

基本的には未来の事を意識しながらその出来事に対してイメージをする事が多いと思います。

もしくは過去の出来事をもし他の選択肢をとっていればなどのイメージもあると思います。

それが明るいイメージだったり暗いイメージだったり、ポジティブなイメージだったり様々だと思います。

このイメージをするというのはとても脳にとっていいと聞いた事があります。

もちろん、人によってはイメージせずに突っ込むスタイルの人もいるかもしれませんが

、、

このイメージをする、思い続けるというのは営業マンにとってすごく大事な事です。

 

  • 営業マンのイメージの持ち方
  • f:id:imawoikiru2202:20170303232922j:plain

ではここで営業マンにとってイメージする事の大切さを書いていきたいと思います。

営業マンのイメージの仕方とは、

「あの案件、契約取れそうかなー」だったり、「大きな歩合を稼いでいる」だったり、逆に「今月の契約数ゼロだったらどうしよう」などといったイメージの仕方があると思います。

ここで大事なのはそのイメージがプラスに働いているのかマイナスに働いているのかという事です。

営業マンに限らず人間全てに言える事ですが、基本的には繊細です。

少しのことで変わったり、少しのきっかけで大きく成長できたりします。

基本的にあまり結果の出てない営業マンはマイナスなイメージをしがちです。

逆に成績のいい営業マンほど良いイメージができています。

 

このイメージ・思い込みと云う部分は営業マンにとってすごく大事な事です。

正直、お客様からしたら今月契約数がバンバン取れてようが取れてなかろうが全く関係ないのです。

そんな中暗いイメージを持った営業マンと明るいイメージを持った営業マンだったらどっちから買いたいと思うでしょうか。

間違いなく後者ですよね。

お客様は営業マンの熱心さ、律儀さなどもそうですが、いかにキラキラしているかを見ています。

キラキラしている営業マンというのは良いイメージをしているものです。

 

なので、どんなに成績が悪くても、伸び悩んでいても悪いイメージをしてはいけません

大事なのはとにかく良いイメージをする事。

はたから見れば、それだけの事かもしれませんが、営業マンにとってこの違いというのは大きなものなのです。

 

この良いイメージができるというのも大きな才能だと思います。

また、この良いイメージをするためにも日々のロープレだったり、業務を一生懸命こなして実力をつけていく事が必要です。

 

  • まとめ

f:id:imawoikiru2202:20170226021656j:plain

いかがでしょうか。

営業マンはもちろん、自分の営業スタイルの見直し、知識の不足などで成績が取れていない場合もありますが、ほとんどはこの気持ち的部分が大きかったりします。

とにかく良いイメージをし続けることが大事ですね。

そういったメンタル部分も含めて営業コンサルを承っております。

無料相談でもやってますので、ぜひ声かけてみてください。

コメントなどで頂ければそこから返していきます。

 

note.mu

 

こちらの記事も良い記事ですので、ぜひ読んでみてください。

 

ではでは。