読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業マンブロガー〜ノウハウと働き方とその他もろもろ〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方などを書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

映画の素晴らしさ〜週末の過ごし方〜

どうもこんにちは。

みなさん、休日はいかがお過ごしでしょうか。もちろん、お仕事の方もたくさんいらっしゃると思います。

コーヒーのCMで「世界は誰かの仕事で出来ている」というセリフがありますが、本当にその通りだと思います。

きっとあなたが今感じている幸せや、楽しいと感じれる場所には必ず誰かの仕事のおかけで成り立っているものがあります。

いかにも日本人らしい考え方かもしれませんが。。

結局は誰かが遊んでいる時には誰かが働いているということです。

アミューズメントパークなどその際たる例ですね。

めちゃくちゃ楽しいアトラクションには誰かの手作業だったり工具を使った仕事のおかげで成り立っています。それに不具合が無いように点検作業をしている人、アトラクションまで案内する人によってアトラクションを心置きなく楽しめるのです。

なので、昨日も書いた通り、今後は遊びを含んだビジネスが多いにはやると思います。

 

では本日の本題に入っていきます。

本日は私の休日の時間の過ごし方の一つである「映画」について書いていきたいと思います。

休日だからこその記事ですね。

 

  • 映画を見て過ごす時間、体験

f:id:imawoikiru2202:20170311153027j:plain

みなさんは、映画を見ますか?どれくらいの頻度で見ますか?

週に1回ですか、年に1回ですか?それともあまり月に1回くらいですか?

映画を今まで1度も見たことがない人は少ないと思います。

もちろん、映画館、家で問わずです。

私は映画の種類、ジャンル、内容によって映画館で見るか、家で見るか決めます。

変なこだわりかもしれませんが、その世界観により入り込めるような環境でみたいからです。

私は、映画は

人間が作り出した最大の発明品

と言っても過言でないと考えてます。

f:id:imawoikiru2202:20170311153047j:plain

映画は約2時間の映像の中で100年の出来事を描いたり、一瞬の出来事を描いたりできます。

また、その世界に行ったことがないのにその世界に行ったような気持ちになれます。

また勇気をもらえることもあります。夢を見ることができます。

泣くことも笑えることもできます。

たった2時間の時間の中で与える、得られるものがとてつもなくでかいと考えているからです。

そんな僕も一時期映画監督になりたいと考える時期もあったくらいです。

 

ドラマなどだと何話かに分かれていて、長時間にはなるので様々な方向性を見出すことができたり、長い道のりを表現しやすかったりしますが、いかんせん2時間にまとめるというのが凄く大変なことなのだなと思います。

 

自分で映画の同好会を作りたいくらいです。好きな映画の討論だったり、ブログのサロンなんかでそんなブログを出し合いできたらいいですね。

 

あなたは映画に何を感じますか?

 

ただ週末にダラダラと過ごすことももちろん、たまには必要かもしれません。

ただ、週末の時間は有限です。

映画を見るにしても何をするにしても何かを感じ、得られるものの方が有意義な時間であると考えます。

その時々一瞬の楽しさよりも人生においての豊かさを映画というツールでなくてもいいから得られるような週末の過ごし方をしてほしいと考えております。

 

  • まとめ

f:id:imawoikiru2202:20170311153106j:plain

いかがでしょうか。自分としては映画好きで集まってぜひ映画同好会なんかも開いて映画の素晴らしさ、未知の部分について深く語り合いたいですね。

こういった映画の話でも話のタネにはなります。

営業にも生かせていけるでしょう。

新人営業マンが1ヶ月のテレアポで新規案件のみで27アポを入れた話〜テレアポのノウハウ〜|imawoikiru|note

 

こちらも是非参考にしてください。