読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業マンブロガー〜ノウハウと働き方とその他もろもろ〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方などを書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

理想の上司、リーダーの姿はどんなものなのか。〜ビジネスマンとして〜

どうもこんばんは。

毎日何かをしているってすごく大事なことだと思います。

もちろんそれが好きなことだったら尚更素敵なことですよね。

 

人によって心の整理の仕方って様々だと思います。

自分で解決したり、誰かに話してみたり。

僕の中でそれはブログを書くことだったりします。

人によって見方や考え方が違うので、誰かに言うのが怖かったりするかもしれないけど、このブログというものは自分だけのページだし、自分自身の心と向き合えるかなと。

またそれを見てくれた人が同じ気持ちになってくれたり、励まされたり、考えてくれるようになったら尚更嬉しいと思います。

 

ということで本日のブログの本題に入っていきます。

本日のブログのテーマは「理想の上司、リーダーの姿とは」について話していきたいと思います。

 

人はいずれ社会に出る中でどういった方向性に進むにしても就職した時点でリーダーや上司が存在します。

その上司やリーダーによって仕事の仕方が変わったり、仕事自体のクオリティが変わったりします。

当たり前ではありますが、上司やリーダーはビジネスマンとしてとても大事なものです。

 

  • 理想の上司、リーダーとは

f:id:imawoikiru2202:20170303232846j:plain

あなたが考える理想の上司、リーダーとはどんな存在でしょうか。

仕事ができる人、仕事がはかどる環境を作れる人、部下をまとめることができる人、部下のケツを叩ける人、単純に頼り甲斐がある人など様々だと思います。

まず、結果から申し上げると

理想の上司、リーダーという定義はありません。

もちろん、仕事内容、部下の人間性、会社の規模、会社の方向性などによって様々というのもありますし、そもそも人間との関係、仕事上において方程式というのは存在しないからです。

 

ただ、どんなことをやってもいいという正解しかないものではありません。

間違い、失敗というのは必ずあります。

 

ビジネスという面で捉えると結果を出す上司、リーダーが評価され、ビジネスとして成果を出さず、部下の機嫌だけ伺っている上司やリーダーは評価されません。

 

ではここでよく議論されるであろう、厳しい上司と優しい上司はどちらがいいのか論争を書いていきます。

f:id:imawoikiru2202:20170310232749j:plain

厳しい上司・・・仕事の成果に対して厳しく、自分にも厳しい。ただ、求めるハードルが高いために部下にも厳しく高い要求をする。もちろん、単なる暴言に関しては論外だが、相手のためを思って厳しい言葉が言える。

f:id:imawoikiru2202:20170310232802j:plain

優しい上司・・・もちろん、仕事の成果に対しては厳しくいくが自分が引っ張って

やっていく精神が強い。部下の失敗も自分でなんとかしようと思っている。厳しい言葉は言えない。ただ、環境的に仕事がしやすい環境になりやすい。

 

両極端な例ではあるが、やはりどちらも良い点があり、悪い点がある。

どちらの上司にも恐らく付いていきたいと思う部下はいるだろう。

その点でどちらも悪く言えない。

 

ただ、僕が思うに今の現代の社会的なことを言うと、相手の為を思い、厳しい言葉が言える付いていきたい上司というのが非常に少ない。

私がここでいう厳しい上司というのは常にピリピリした空気感でいるような状態を作り出す人ではない。

常にピリピリ緊張感があるような環境というのは仕事のパフォーマンスがうまくいかない場合が多い。部下が常に上司の機嫌を伺いながら仕事をしてしまうからだ。

 

よく何かあったら言ってこいとかこうした方がいいとか言ってこいという人がいるが、そもそもそう言ったことを言い出せない空気感を作っている上司やリーダーが多いのも事実だ。

この考え方に従ってればいいという頭の固い人だ。

何はともわれ、いろいろな考え方や見方を取り込んだ方が新たな発見が多い。

そしていい意味で厳しく言える上司が少なくなってきているため、部下から舐められるだったり仕事に対して甘い考えを持った部下が増えてきてしまうという優しい上司が増えてきてしまっているのも事実だと思う。

 

1番大事なのは、ある程度の緊張感とワクワク感がある空気感を作ることだ。

 

ビジネスは遊びではない。ただ遊びにもなり得る。

楽しい遊びには常にある程度の緊張感やワクワク感があるはずだ。

そう言った

遊びに置き換えられる上司やリーダーが私の考える理想の上司

というように私は考えている。

 

  • まとめ

f:id:imawoikiru2202:20170226021656j:plain

いかがでしょうか。最近色々な著書を読んで知識だけインプットしても意味がないので、もっとアウトプットしていかんとと考えているところです。

実際に会社員向けの記事が多いような気もしますが、上司やリーダーを言い訳にして仕事をしている人が多いような気もします。

良い職場環境を作るためにも上司やリーダーは必要だと思うので、ぜひ模索しながら突き進んで欲しいと思います。

ぜひ営業コンサルもやっているので声かけてください。

新人営業マンが1ヶ月のテレアポで新規案件のみで27アポを入れた話〜テレアポのノウハウ〜|imawoikiru|note

 

これからの世の中、遊びがビジネスになっていく段階になってきてます。

良い遊び心を常に忘れずに働いていきましょう。