営業マンブロガー〜ノウハウと働き方とその他もろもろ〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方などを書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

人のせい、商品のせい

f:id:imawoikiru2202:20170301142054j:plain

どうもこんにちは。

今日はとても天気が良くて過ごしやすいひですね。

こんな日は、重ね着をして散歩でもしたいですが、あいにく僕は仕事をしています。

 

本日は、営業職に携わっている人、もしくは商品販売に携わっている人全てに言えることを書きたいと思います。

 

・人のせい

まずは、この人のせいについて書きたいと思います。

人間は弱い生き物です。

自分が不利になったり、厳しい状態になるとまず、どう逃げるか、交わすかというのもまず初めに考えてしまうものです。

決してこれが悪い訳ではないと思います。

いつかの『逃げるは恥だが役に立つ』というドラマが流行った様に逃げたり、かわしたりするのが決して悪い訳ではありません。

ただ、悪くはたらいてしまう場合もあります。

 

これを営業に例えると

『最近、結果が出ないなー。成績が出てない奴らと一緒にいるから流されてるのかなー』

 

『上司のやり方が俺に合ってないせいで、俺の良さがいきない』

 

『あいつがリストを横取りするから保有リストがショボすぎる』

 

『商談相手が何も分かってない、全然理解しようともしてない』

 

色々ありますね。

恐らく営業だったり、モノを売る仕事をしてらっしゃる方であれば一回は言ったり、思ったりしているかもしれません。

 

ただ、これ言ってる時は気づかない、もしくは気づいてるけど言ってしまうと思うんです。

全部自分のせいだと。

 

自己解決の為にそう思ったりするのかもしれません。

 

こういった『人のせい』を思っている人は恐らく成績だったり、いわゆる仕事ができない人の分類になると思います。

 

『人のせい』にする場合はまず、自分でその状況が変えられないかと立ち止まってみてください。

そうしなければ一切の成長は見えません。

 

・商品のせい

 

こちらもほぼ人のせいと同じですね。

 

『この商品、全然魅力的じゃないし、売れる訳ない』

 

『なんで、この商品を販売しなきゃいけないんだ』

 

『今の時代、この商品が売れる訳ない』

 

商品の場合、確かに売れない商品はあるかもしれません。

ただ良く考えてみてください。

それは本当に商品のせいですか?

 自分の営業力の無さ、商談相手の状況が見えてなかった、タイミングなどでは無かったですか?

 

だいたい商品のせいにして転職だったり、諦める方は極論、どんな商品を扱ってもうまくいかないでしょう。 

 

営業だったり、モノを売る仕事というのは、商品を如何に自分の中で落とし込んで、理解し、誇りを持って販売するものです。

 

・まとめ

 

如何でしょうか?

中には同じ様に考えていたかたも多いと思います。

大事なことは、『人のせい』・『商品のせい』にしないではなく、本当にそれは解決出来ない問題なのか、そもそも違うところに原因があるのではないかと考える事です。

 

考え方や見方によって全てが変わっていきます。

 

営業や、販売でうまくいかないという方は是非コメントなど頂ければと思います。