営業マンブロガー〜ノウハウと働き方とその他もろもろ〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方などを書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

営業とは?モノを売るとは?①

こんにちは。

2月の中旬で寒さも本格的になり、各地で雪も観測されるようになってきました。

地域によっては寒さに負けて外に出るのが億劫になっている人たちも多いと思います。

元々インドア派な人達はあまり変わりませんでしょうが。。

 

早速本題に入りたいと思います。

本日は、営業とは?モノを売るとは?ということに対して書いていきたいと思います。

 

  • モノの売り買いとは?

f:id:imawoikiru2202:20170219153609j:plain

 

世の中の会社員、社長、フリーランス、個人事業主含めて、お金を生み出している方達というのは少なくとも必ずモノの売り買いの場面に立ち会っているはずです。

商売の基本は、モノの売り買いによって成り立っています。

モノというのは、有形でも無形でも同様です。

お金は基本的にモノの売り買いで流動的に動いています。

欲しいと思った洋服、靴、行きたいと思ったエステ、遊園地などです。

 

  • 人はなぜモノを買うのか。

f:id:imawoikiru2202:20170219153640j:plain

 

私は4つの理由があると考えています。

 

①消費者の方が商品(モノ)を欲しいと思う消費者欲求

②みんなが持っているから私も持たなくちゃという消費者欲求

③友人や周りの紹介による買ってみようかなという消費者欲求

④営業マンや店員に押されて買う消費者欲求

 

①はおそらく自分で買いたいと思っているので、誰にも背中を押されず自分一人で商品を買いに行くと思います。

むしろ、こういう傾向の方はもうすでに気づいたら持っている方が多いと思います。

ただモノでいうと比較的安価なものが多いですね。

コンビニでの買い物だったり、普段身に付けるレベルのものだったりすると思います。

値段でいうと〜1万円までくらいのものだったりします。

 

②は今の時代になって特にだと思いますが、ネットが普及してきた影響で流行というのが誰の手にも見えるようになっていき、さらに流行の流れだったり幅というのが早くなっていき、幅も広くなっていきました。

それによって流行に遅れたくないだったり、流行に乗りたいという方たちが買うといった流れですね。

これは自然にインターネットやメディアによって背中を押された状態で買っていることになります。

比較的流行となりやすいのがファッションなどだったりすると思うので、そう言ったジャンルのものが当てはまると思います。

比較的安価な家電なども当てはまるかもしれません。

f:id:imawoikiru2202:20170219153700j:plain

 

③に関しては、自分はその情報に関しては、あまり知らなかったけど友人などから商品の説明だったり紹介をされて良いなと思って買う流れです。

こちらは特に買って紹介をされた友人などの関係の深さなどがよりモノを買う確率というのが高くなっていると思います。

また、紹介しているのが親しい、信頼できる人間であれば余計に買う流れになると思います。

こちらに関しては、モノを知らなくても友人の紹介などにより価値を感じ、友人の実体験なども踏まえて持った方がいいと背中を押されて購入すると言った流れになります。

 

④に関しては、俗に言う商談でモノを買うといった流れですね。

そこまで必要じゃないかなと思っていたり、ニーズ自体が潜在化しているなどといった傾向でモノを買っていなかった傾向が多いです。

もちろん、周りにそのモノを知っている人がいなくて初めて話を聞くパターンもあると思います。

または料金自体が高くて手の届かないモノだったので買うのを躊躇っていたと思います。

こちらに関しては、値段にはかなり幅のあるパターンが多いですね。

またモノの幅も広いと思います。

f:id:imawoikiru2202:20170219153713j:plain

 

①〜④がモノを買う流れになっております。

それぞれ違う傾向だったり、違うモノだったり、違う流れでモノを買っています。

まずは消費者がなぜモノを買うのかといったことを理解するのが必要だと思います。

それを理解することがまず営業マンとしての第1歩です。

 

次のブログでは営業とは?というところを書いていきたいと思います。