営業マンブロガー〜ノウハウと働き方とその他もろもろ〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方などを書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

人として成長するということ 挫折をしろ

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

 

今年もいよいよあと3ヶ月を切ってる。

いつの間に。

ほんとに時が過ぎるのは恐ろしいほど早い。

 

最近になってようやく実感するようになったことがある。

 

それは

挫折をして乗り越えた人間は強いということだ。

 

今までもそうだろうなーくらいにしかとらえてなかったんだけど、マネージャーになって改めてそう感じる。

 

逆に挫折してこなかった人間は弱いのか。

一概にはもちろん、何とも言えない。

人による。

 

ただ挫折をしてこなかった人で結構多いのは無駄なプライドを持った人が多いということだ。

 

プライドを持つのは大事なことだと思うし、必要なものだと思う。

でも時にプライドは行動だったり、意識を邪魔してしまうものとも言える。

 

その点、無駄なプライドがない人の行動力とか、真っ直ぐさはとても素晴らしいものをもつ。

 

挫折をしる

 

これは人生においてとても大事なことだ。

 

挫折から得るものもある。

 

挫折してそこから這い上がる力が後の経験になる。

 

人は生きてるだけでは大した経験なんて積めない。

色々なことにチャレンジするからこそ経験を得られるのだ。

 

いっぱい挫折しよう。 

 

営業力をつけるには 即決にこだわれ

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

 

10月に入ってからグッと気温も下がってジャケット無いと寒い。。

そんなこんなで今日は仕事で仙台に向かっておりやす。

 

マネージャー職といえど、マネジメントが第1ではあるけど現場の感覚を忘れたくないし、プレイヤーとしての成長もまだまだしたいからこうして現場に出て動き回ってる。

 

そもそも営業が楽しいから社内にずっと居たくないというわがままもあるけど。

 

というわけで、今日も営業ネタで書いていこうと思うんだけど、営業マンで1番やってはいけないことが僕は検討だと思ってる。

検討という言葉自体は聞こえがいいが、絶対にNGになる。

 

それはなぜか。

 

お客様の本音を聞けてないから。

 

営業とはお客様の考え方を変えたりする仕事でもあるし、本音で語り合えなきゃ中々結果にも繋がらない。

 

そして本音を聞けない現場に何度行っても成長には繋がらない。

 

だからこそ、当日のいる、いらないの判断は貰わなきゃいけない。

 

検討は営業において悪だ。

 

では、どうしたら本音を聞けるのか。

 

それは自分自身のノウハウでもあるので、直接コンサルしたいと思います。

 

もし興味あればコメントや連絡ください。

 

ではでは。

営業コンサル、セミナー講師をやってみたい

どうもこんばんは。

しばらく禁酒生活を送ろうとしている営業マンブロガーです。

 

自分には今仕事面でやりたいことがたくさんある。

仕事と遊びの境界が無くなるようなそんな働き方をしたいなーと思ってる。

要はせっかくの人生なんだからつまらないと思ってる時間よりも楽しいと思える時間を過ごしていこうよという話。

 

そのやりたいことの1つとして営業コンサルを対個人でもいいし、法人向けにやりたいなと思ってる。

あとは営業セミナーのセミナー講師をやってみたい。

欲を言うと本も出してみたい。

 

ぶっちゃけ今未経験の営業マンの育成、教育などをしてるけど、プレイヤーとしてやってる以上に難しい。

けど、凄く楽しい。

自分が育てた営業マンが徐々に成果を出せるようになっていくのが面白い。

 

教え方や見せ方によってこんなにも変わるんだなと。

 

そして俺はどんな人でも営業マンとしての素質はあると思ってます。

誰でも頑張る気持ちさえあれば取れるようになります。

僕はそう信じてる。

 

そのポリシーを貫く為にも俺は常にこの人がなにを感じて考えているのかというのを考えるようにしている。

 

自分が育てることに向いているのかどうかってのはわからないが挑戦という意味でもめちゃくちゃ面白い。

 

自分自身飽き性だから沢山のことをやっていきたいなー。

 

なので、営業コンサル、営業セミナー依頼いつでもどこでも受け付けます。

お待ちしてます。

 

会社でトップの営業マンになる為には。

取れない営業マンの特徴。

営業マンのモチベーションの作り方。

営業職の楽しみ方。

 

色々なこと話せると思う。

 

自分自身の成長の為にも勉強と実践あるのみ。

営業力をつけるためには 自分を信じること

どうもこんばんは。

営業マンブロガーです。

 

久しぶりに昨日走ったら全身筋肉痛が襲って今日起きるのがしんどかったです。

おかげで久しぶりに読書をしたらまた読書にハマりそう。

でも読書しただけではダメだと思うので、とにかく行動しようというわけでブログを書いているわけです。

 

営業コンサルとかセミナーやりたいなー。

同じ年齢で困ってる人たくさんいると思うんだよなー!

 

というわけで今日は営業力をつけるためにはというテーマで書いていきたいと思いますが、あくまで1つです。

色々な要因はあるので悪しからず。

 

僕が1番大事にしていることはまずは自分を信じることです。

 

自分は出来る、自分ならいける。

すべてはここから来ております。

 

想像してみてください。

自信がなさそうな営業マンからモノを買いたいと思うでしょうか?

どうせならめちゃくちゃ自信ありげに話してくる商品のが買いたいと思うし、営業マンもキラキラしてみられますよね。

この人なら買ってもいいかなって!

 

 

この人間的な心理部分はとても必要なことです。

まずは自分自身、いい結果が出てなくてもとにかく自分は出来ると信じること。

これが営業力をつけるために必要な第一歩です。

 

頑張っていきましょう。

 

営業コンサル、セミナー依頼お待ちしてます。

 

地味にnote購入してくれた人居て嬉しい!笑笑

 

頑張ろう!

25歳で課長職について思うこと。

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

最近もっと自分の肩書きを増やしていこうと考えてる。

 

バンドマン、トラベラー、読書家、グルメ、コンサルタント

色々な肩書きを増やして唯一無二の人間に成長していきたいと思う。

 

そして最近バタバタしてブログが書けなかった言い訳の一つとして自分が課長に昇格したというのがある。

 

会社の中でもトップの営業成績を残すことができ、人間性も評価されて推薦され、今年の7月から課長として働くことになった。

 

25歳にして課長職というのは比較的、スピード出世なのかもしれませんし、自分としても成長できるチャンスを頂いたので頑張っていこうと思っている。

 

ただ今もまだ新米ではあるから現場に立つようにしているが、現場の仕事プラスマネーージメントを行うという仕事量になって少し大変。

マネージメントというのは本当に大変なこと。

 

人を管理する、教育する、育てるというのは本当に難しいことなんだと思う。

 

ましてや年上の部下もいるし、先輩の部下もいる。

 

人に指示を出す、叱るというのは本当に難しい。

 

人それぞれにいいところがあり、悪いところもある。

それぞれ仕事に対する考え方もあり、モチベーションも違う。

営業力も全然違う。

 

その人それぞれにあった対応をしていかなければならない。

もちろん、すべて自分のやりたいようにやれるようになったのは間違いない。

 

そのやりたいようにやることを付いてこさせるのがマネージャーの役目だ。

 

マネージャーの仕事は

「問題解決」と「盛り上げ」だ。

 

「盛り上げ」に関しては自分が小さいころから得意としていたことでもあるのでとにかくそこに磨きをかければいい。

自分の一番の課題は「問題解決」だ。

 

考察して問題を発見して、解決できるような具体的な解決案を掲示して、それを実行する。

そして一番大事なのがその実行に対して本当に出来ているか検証をするという繰り返しが問題解決だ。

 

問題を発見するのも難しい、具体的な解決案を掲示するのも難しい。

そして検証がなかなか出来ないマネージャーが多いと思う。

 

実行までするがそれが実際に出来ているかの検証ができるか出来ないかでその部下の成長も大きく違う。

 

ただのやりっぱなしにもならないからだ。

 

そんなマネージャー奮闘記をこれからも書いていこうと思う。

営業に関してはコンサルできるが、マネージャーとしてはまだまだ勉強の身だ。

とにかく色々なことに挑戦して失敗をいっぱいしたいと思う。

 

営業先での壁取り・アイスブレイキング・世間話が苦手な方へ | imawoikiru | note

人を好きになるということ 理由を知るな

どうもおはようございます。

 

いい天気の日曜の朝ですね。

 

本日の内容は人を好きになるということについて書いていきたいと思います。

 

よく恋人同士で耳にする会話

「私のどこが好き?」という言葉がよくあるだろう。

 

この言葉の本質は基本的には

「私のこと好き?」ということに間違いないだろう。

 

でも人は自分や相手の好きな理由を知りたがる。

 

なんで付き合ってるんだろう、なんで好きなんだろう。

 

そんなこと知る必要は全くないのだ。

 

人を好きになるということは、言葉では理解できない気持ちでもあり、人間の本能的部分なのだと思う。

 

人を好きになるのは本当に不思議なことなのだ。

 

これは生きる上でも一緒のことだ。

 

生きる理由はなんですか?

生きてる理由はなんですか?

 

そんなものはないのだ。

はなから誰しも分かっていると思う。

 

理由を知ろうとすることは大事なことなのかもしれない。

 

でもはなから知る由もない理由を知ろうとするのは意味がない。

 

それであれば自分が楽しい、ワクワクするからで片付けてしまった方が楽に生きれるし、ずっといい人生を送れると思う。

 

自分はそういう人生を歩んでいきたい。

 

もう一度いう。

いらない理由を知ろうとするな。

 

そんなもん変な恥じらいとともに捨ててしまえばいい。

 

自分が楽しいと思えることをしていこう。

ブログを再開します。

ここ何ヶ月もブログを放置してしまいました。

 

やはり何かを続けるということが一番難しいことなのかもしれません。

 

それ以上にここ何ヶ月が色々ありすぎて書けなかったというのもあります。

 

そろそろアウトプットして心を整理したいと思います。

 

よろしくお願いいたします。