営業マンブロガー〜ノウハウと働き方とその他もろもろ〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方などを書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

自分を理解する、自己分析の大切さ~メンタルの強化~

どうもこんにちは。

桜も満開に咲いて絶好の花見日和ですね。

もう既に花見を済ませてしまった方もいるかと思いますが、今週末が花見のピークになりそうですね。

桜を見るとやはり春が来たんだなと思います。

季節を感じることが出来るものって結構ありますよね。

そして季節を感じる毎に年を取ったんだなと感じる自分がいます。

小さいころなんてそこに風情だったりというのは一切感じなかったけど、今じゃ感傷に浸ってしまう自分がいます。

それだけの経験だったりをしたということかもしれませんが。

季節を感じれる日本はとてもいい国だと思います。

 

というわけで本日の本題に入っていきたいと思います。

本日のテーマは「自己分析、自分を知る」ということをテーマに書いていきたいと思います。

 

みなさんは、自分のことをどれだけ知れていますか?

自分のことは自分が一番知っているということは間違いないと思いますが、案外他人の鑑写しで自分の新たな1面を知れたりすると思います。

そもそも自分のことを知ろうだなんてあまり思わないことも多いかと思います。

ただ、自己分析って生きていくうえでとても大切なことだと思います。

 

  • 自己分析とは

 

就活における自己分析とは、自分の特徴や長所・短所、価値観を把握・分析することで就活での『強み』を見いだすことです。

分析結果を元に客観的な視点を持つことで、面接の自己PRや志望動機などで抽象的な表現ではない、具体的でオリジナリティーのある発言ができます。実際に面接などの自己PRでは、「明るく、元気があるところが取り柄です」、「何事にも積極的に取り組みます」など抽象的な表現が目立ちます。面接官は複数の学生を見ているため、抽象的な表現では印象に残りづらく、入社をしてからどのような活躍をするかのイメージが湧きません。綿密な自己分析で、自身の『強み』を見つけることで「どのような経験から積極的に取り組む力をつけたか」また、「その経験や力が企業でどのように生かせるか」など、より具体的なエピソードを伝えることができ、面接で好印象を与えることができます。

自己分析とは|マイナビ新卒紹介|新卒学生向け無料就職エージェントサービス

 

 

就職活動でもよく自己分析とかしなさいなんて言葉が飛んでた気がします。

意外に自分のいいところ、悪いところ、出来ること、出来ないことが把握出来ない人が多いんですよね。

そうして自分の容器がいっぱいになってから精神病などになって初めて自分に気づくといった方が多いと思います。

 

当たり前ですが、人と自分は全く違います。

人の出来ることが自分はできなかったり、出来ないことが出来たり。

それが当たり前なのです。

他人のものさしで自分を測ってはいけません。

大事なのは自分がどういう人間なのかをよく知ることです。

妥協とは一切違いますが、自分の容器のある程度の大きさは知っておくべきです。

 

  • まとめ

いかがでしょうか。自己分析をするということはメンタルを強くすることにも繋がります。肉体的な強化は筋肉トレーニングをするようにメンタルの強化というのもトレーニングが必要なのです。その第一歩が自己分析だと思います。

自分は今何で楽しんでいるのか、悲しんでいるのか。

根本的な要因を探して自分を知るのもありだと思います。

まずは、やってみることから初めてみましょう。

 

ではでは。

デブになってみると人生が変わった話

どうもこんばんは。

今日から新卒が会社に入ってきている会社も多いのではないでしょうか。

本日は恐らく研修とかオリエンテーションだけだと思うので人事の方以外はそんなに変わらないかもしれませんが、配属される部下とか気になりますよね。

もしかしたらその人材が大きく会社を成長させてくれるかもしれません。

人材を大事にしない会社はダメです。

 

人が会社を支え、人を支え、豊かな人生にしてくれます。

それが仕事であってもプライベートであっても関係ありません。

 

ということで本日の本題に入っていきたいと思います。

本日のテーマは自分自身の失敗談ですね。

「デブになってみると人生が変わった話」これは決してポジティブな話ではありません。

僕のあくまで失敗談なので。

 

  • デブになるまで

僕はどうしてデブになっていったのか。

時はさかのぼること7年前になりますでしょうか。

大学に進学したときですね。高校ではサッカーをやっていたので、太るわけもありません。毎日サッカーばかりやっていましたから。

大学に進学と同時にサッカーを一気にやめました。サークルとか遊びとかでも一切やりなくなりました。あまり好きではなかったのか、それとも飽きてしまったのか分かりませんが、急に辞めようと思いました。

特にこのサッカーをやめたことに関しての後悔はありません。

そして僕はここで人生で初めて運動をしないという選択肢を取りました。

元々どちらかといえばガリガリ体型だったので、太ることはないだろうなと思っていました。

ただ、僕は想定もしない相手と立ち向かうことになるのです。

それがお酒です。

 

高校でも全くゆかりのなかったこの存在に僕は気づいて立ち向かうことになるんですね。

最初はそこまで美味しく感じることもなく付き合いで飲んでいましたが、これがいけなかったですね。

飲み会は楽しかったですし、お酒のマジックですね。

呑めば呑むほど美味しく感じてしまうんです。

 

気づけば僕はビールの虜になってしまいました。

ビールのカロリーはご飯一杯分と同等だという話を聞きます。

僕自身お酒は強くはないのですが、呑めてしまうんですね。

呑めば呑むほど美味しく感じてしまう。

週に4日くらい呑んでましたかね。

しかもガッツリと。

 

こうして僕は世間体から見るとデブになっていったのです。

 

  • デブになると何が変わるのか

これは単純です。まず動けなくなります。いざスポーツをやるみたいなことになっても一切動けないです。そして動く気もどんどんなくなっていきます。

正直ここまでは大丈夫です。

僕が1番思う人生が変わったなという部分は

「自分に自信が無くなる」ということです。

 

これは大きな変化だと思います。

昔はやせててスポーツも出来て比較的顔も悪くない人が太るとスポーツも出来ないただのブサイクなデブになります。

完全にモテなくなります。

そして自分自身の存在が少し恥ずかしくなります。

周りからもデブと思われてると勝手に被害妄想になりがちです。

本当に思われてる部分もありますが。

 

そうして周りから距離を取ってしまうんですね。

 

デブが明るいのはもしかしたら無理をしているかもしれません。

 

僕の場合、こういう体型を受け入れてくれる友人が多いので何とかなってますが。

 

とにかく太っていいことなんてないんですね。

 

  • まとめ

いかがでしょうか。少しはやせようと思って頂けましたでしょうか。

デブは心身ともによくないです。

まず自分がやせろってことなんでダイエット頑張ります。

 

勉強をする癖をつける〜人間の習慣作り方〜

どうもこんばんは。

明日からいよいよ社会人ですと新卒入社があり、学生だと入学式があったりするのではないでしょうか。

学生最後の日はみなさんどうお過ごしでしょうか。

社会人になるということは環境も生き方も全く変わってきます。

ある程度の覚悟が必要だと思います。

頑張っていきましょう。

 

では本日のテーマですが、「習慣のつけ方」というのを書いていきたいと思います。

習慣をつけるとか、何かの癖を作るって凄く大変なことだと思います。

好きなことでも習慣づけするのが難しいですし、それが勉強となると難しい人は多いのではないでしょうか。

勉強というのは学生だけのものではありません。社会人になっても勉強すべきことはたくさんあります。

勉強というのは一生ものですね。

その勉強を苦になってやるか習慣づけて苦にならず楽しんでやれるかどちらがいいでしょうか。

 

明らかに後者ですよね。

 

ではその習慣のつけ方を自分自身の経験も含めて書いていきます。

 

  • どうやって習慣づけをするか。

人間は基本的に自分自身に甘い生き物です。意識しなければ自分自身に厳しくすることは難しいです。

なので、最初はどうしても意識してやらなければなりません。

まずは1日30分から始めましょう。家に帰ってから必ず30分は机に向かうと意識をすることです。

1日30分だけであれば続けられそうながしますよね。

ここで大事なのは1日1日違う教科や種類のものをやっていきましょう。

例えば月曜は国語で火曜日は英語、水曜日は数学みたいな感じですね。

 

社会人の人は、月曜日はマーケティングの本、火曜日は営業の本みたいな感じですね。

人間は単純作業が本当苦手で、単純だとすぐに飽きてしまてしまいます。

 

それを防ぐために1日1日違うことをやるんですね。

 

次に大事なのは気になったこと、覚えておきたいことはノートにメモを取っておくことです。

 

人間の忘却力は良くも悪くもすごい力があります。

なので、どんなものでもいいですが、メモ書きをするようにしていきましょう。

メモをしていくことで勉強をしていると脳が働いてくれるそうです。

しかも後々見直せますし、記憶力の向上にも使えます。

 

30分間の習慣づけが出来たなと思ってきたら大体半年かかると思います。

それ以降は単純に時間を延ばせば大丈夫です。

 

  • まとめ

時間がない時こそ、余裕がない時こそ、習慣というのが大事になってきます。

その習慣をつける力があるというのは有能な能力です。

いい社会人の人生ができるようにしていきましょう。

プロフィール記事〜営業マンブロガー〜

どうもこんにちは。

今日はあいにくの天気ですが、いかがお過ごしでしょうか。

来週の月曜から新卒の人たちがたくさん入ってくる会社も多いのではないでしょうか。

新卒の人が入ってくると会社の雰囲気も少し変わりますよね。

新しい若い風が入ってくる感じですね。

新卒の人も楽しみでもあり、不安でもあり、野心にあふれている人も多いと思います。

ガツガツやっていきましょう。

 

ということでそういえば僕自身このブログにプロフィールを乗せてないし、プロフィール記事も書いてなかったので、書いていきたいと思います。

本日のテーマは僕自身ですね。

 

  • 営業マンブロガー

なぜブログを書くようになったのかというのは以前の記事で書いたので

飛ばしていきたいと思います。

僕自身、小学校、中学校、高校とずっとサッカーをやっておりました。

また中学校の終わりに友人との出会いでギターというものに出会い、高校、大学ではサッカーと一緒にバンドを組んで音楽活動をしておりました。

また3.11の際には現地にボランティア活動をした経験もあります。

大学時代には一人で海外に行ったりもしました。

 

単純に今までの人生で色々なことをしてきました。

ただ、レールに敷かれた上を走ってしか来なかったのです。

このままでいいのかとずっと頭の中で考えておりました。

 

実は僕自身今テレビで取り上げられている「てるみくらぶ」の社員でした。

1年半前に転職しておりますが。

そして営業会社に就職して営業マンとして働いております。

ずっとこのまま誰かの下でレールに敷かれたような人生を送っていていいのかとずっと自問自答している間にブログというツールに出会いました。

ブログのみで生活をしているという人の存在を知りました。

単純にそんな生活僕もしてみたいなという思いからもありましてこう言った形でブログを書いておりました。

 

その中で自分自身の成長も含め、自分の中にある営業ノウハウを生かし、コンサルティングが出来たらと考えております。

 

  • 営業マンとしての自分

営業会社に入ってまだ1年ちょっとという期間になりますが、その中でも成績は常に上位。正直、成績に関して悩んだことはありません。もちろん、営業のやり方だったりに悩むことはよくあります。

営業職の方ってたくさんいて、売る商材が違うだけで考え方はほぼ一緒です。

 

その考え方を理解せずに営業をしている方が多いなと考えております。

そんな考え方をお教えできればと思います。

これから営業職に就く方、営業成績が芳しくない方、営業職に興味のある方是非是非声かけてください。

 

noteで少し1部のノウハウは公開してます。

こちらもぜひ一読してみてください。

新人営業マンが1ヶ月のテレアポで新規案件のみで27アポを入れた話〜テレアポのノウハウ〜|imawoikiru|note

 

  • まとめ

いかがでしょうか。自分の思いとかアピールポイントが伝わればいいと思います。

ブログってすごく楽しいのでぜひみんなも書いてみてください。

ブランディングの大切さとやり方〜市場の中での差別化を図る〜営業マン

どうもこんにちは。

最近、記事を書いたのに下書きのまま保存してて後日アップしてないのに気づいてアップしなおすみたいなことが多いなー。

せっかく書いたのにもったいない。気をつけようと思います。

 

最近ブログを書いてきましたが、真面目な内容も不真面目な内容もありますが、至って真剣に書いているので悪しからず。

 

このブログが本当に誰かの役に立ったり、考え方の支えだったり、決意の背中を押すくらいのものになってくれればいいと思います。

 

ということで本日のテーマは、「ブランディング」について書いていきたいと思います。

ブランディングって何というところからなぜ今ブランディングなのかということまで書いていきたいと思います。

 

  • ブランディングとは

簡単に言うと、「共通のイメージをユーザーに持たせる手法の総称」です。
名前、ロゴ、コピー、ポジショニングや製品デザインなどはすべて、あるブランドに対して共通のイメージを持たせる手法=ブランディングのひとつです。

ブランドとは、「ユーザーが持っている共通のイメージ」「実態のない価値」の事で、ユーザーに共通のイメージを持たせたり、実態のない価値を与える方法がブランディングです。

11個の要点でちゃんと理解する「ブランディングってなんなのよ?」

定義でいうとこんな感じなのですが、ブランディングといっても色々な種類ややり方があるので今回はその一部しか書かないので、また別のものも書いていきたいと思います。

 

難しく書いてもアレなので、例えば

お茶といえば「伊藤園」

格安家具店といえば「ニトリ」

高級バッグといえば「エルメス」

といった感じで何かをイメージするときパッと出てくるモノがあると思います。

それがブランディングです。

 

要するにこの業界ならここと地位を確立することです。

 

これをすることによって単純に多くのお客様に知って頂くことができます。

また、その業界で確固たる地位を築くことが出来るので利益率がアップすることができます。

それとさらなる事業の拡大というのも可能です。

これは会社だけでなく1個人でも言えることができます。

今の時代SNSで誰でも発信できるようになりました。

個人もブランディング出来る時代になったのですね。

例えば有名な女優が使っている化粧品や服を皆さん買いたがったり欲しがったりしますよね。

それも一種のブランディングです。

そういった営業を簡単に与えられる人のことを発信力のある人のことを

インフルエンサー

と言います。そういう人になることで会社員にならずとも一個人が広告塔になれるのです。

そういった広告塔を企業が利用するのは目に見えてますよね。

ブランディングは今なかなかブルーオーシャンがなくなってきた時代において凄く大事なマーケティング戦略だと思います。

 

  • どうしたらブランディングが出来るのか

まずはとにかく差別化を図らなければいけません。単純に全てのことにおいて力を入れようとするとそれなりの広告費用がかかって全然費用対効果に見合いません。

なので、まずはこれをやるといった一つのモノを決めることです。

逆にいえば

これをやらないとやらないことを決めることです。

やらないことを決めることで差別化を図れます。

 

そして1番大事なのは

発信し続けること

です。これが大事です。ブランディングはいうのは1日でだったり一朝一夕で出来るモノではありません。長く時間と労力をかけて出来るモノです。

なので、継続は力なりではないですが、発信し続けてください。

 

  • 営業マンのブランディング

これがもし営業マンだった場合どうでしょう。回線系の営業マンだったらあの人だとなったらその人の今後の成績は上がること間違いなしですよね。

そういうのも営業手法の一つです。

 

  • まとめ

いかがでしょうか。

ブランディングの大切さを少しは理解して頂きましたでしょうか。

僕自身も個人的に営業コンサルを行っております。

営業コンサルも含め商材のマーケティング戦略の相談なども請け負っております。

他者と比べるとかなり格安で今はやっておりますので、ぜひこのタイミングで声をかけてください。

 

またアポイントのノウハウもまとめておりますので、こちらも一読してください。

 

新人営業マンが1ヶ月のテレアポで新規案件のみで27アポを入れた話〜テレアポのノウハウ〜|imawoikiru|note

 

宜しくお願い致します。

 

ではでは。

 

固定概念に捉われない!25歳からのビジネスマンとしての成長!

どうもおはよう御座います。

桜もちらちら咲き始め、そろそろ花見の季節ですね。

みなさんは花見はどこで行いますか?

人それぞれに思い出の場所はゆかりのある場所があるかもしれませんね。

 

花見っていっても桜の下でただただ酒を飲むみたいな感じだと思いますが。

花見という名の飲み会ですね。

 

なので、僕は花見という名の飲み会をあまりしたことがありません。

地元で記憶にあるのが1回くらいかな。

僕の周りにいる友人がそういうイベント毎に興味がないので、あまりそういったことをやらないんですね。

今はやりのハロウィンのときも思いっきり銭湯行ってたような気がします。

 

ということで本日のテーマは「固定概念に捉われるな」というテーマで記事を書いていきたいと思います。

ビジネスマンとしての成長って凄く大事ですよね。

 

  • 25歳から35歳までの成長度合い

僕が思うに年齢でいうと25歳から35歳までがビジネスマンとしての全盛期で一番成長できる時期。そして今後の人生を大きく変える期間だと思っています。

スポーツ選手も大体このくらいの年齢ですね。

 

大学を卒業したりして25歳までは社会人に慣れるだったり、仕事を覚えるのに必死な期間だと思います。

ビジネスマンとは何かという本でいうプロローグを書いているような感じです。

徐々に仕事に慣れてきて今後の人生をどうしようか、このまま仕事を続けていていいのかと色々考え始めるのが25歳からだと思います。

 

25歳が大きな区切りですね。周りの人達と大きな差をつけるチャンスです。

それまでは与えられた仕事をこなすだけのロボット的な扱いでした。

その方が仕事も覚えるし、教えるのも楽だからです。

ただ、25歳を過ぎたら

自分自身で物事を考え、仕事を考え、自発的に動いていかなければなりません。

 

営業でたとえると与えられた商材を売り方も教えてもらってそれ通りやっていたと思いますが、これからは違います。

自分で売り方を考え、市場を見て判断していかなければなりません。

それが、ビジネスマンとしての成長です。

そして良い失敗をいっぱいすることです。

良い失敗は自分のビジネスマンとしての経験になります。

この経験があるかないかでビジネスマンとしての成長度合いが決まってきます。

経験のないベテラン選手にどこのチームがオファーを出すでしょうか。

 

色々な経験のあるベテランになっていかなければなりません。

 

その成功と失敗を繰り返し、試行錯誤が1番出来る期間が25歳から35歳だと思います。

体力的にも環境的にも考えてですね。

 

今受動態の人はこれから能動態になっていかなければなりません。

 

  • まとめ

いかがでしょうか。

今僕も26歳になる年なので少し危機感を感じながら突っ走っています。

決して25歳だからとか23歳だからまだいいやという訳ではありません。

スタートは早く切った方がいいです。

逆に25歳を超えても変わらない人に成長や成功はありません。

自発的に考えて行動していきましょう。

 

休むことの大切さ〜自己管理ができないビジネスマンはダメ〜

どうもこんばんは。

最近ジムに行って走ったりしていたつもりなのですが、本日久しぶりにフットサルに行ってきましたが、フットサルだと違う筋肉を使うのか筋肉痛になりそうです。

運動不足ですね。

社会人のほとんどが運動不足だと思います。

運動って本当に大事だと思います。これからは少しずつサッカーなどのスポーツにも顔だしていこうかと思います。

 

では本日のテーマですが、「休む」をテーマにして書いていきたいと思います。

会社員の場合もそうですが、個人の場合も仕事以外で休む時間が必要だと思います。

それは心からも体からも休むということです。

 

ずっと仕事をし続けると体力的にもきついですし、精神的にも厳しい部分があります。

ただ休む時間というのが限られている中でその中で自分の好きなことややらなければならないことをやっています。

恐らくほとんどの人が「休む」という時間があまり取れてないと思います。

 

常に何かしなきゃいけないとか何かしてないと落ち着かないと行った心情になっているんですね。

せっかくの休みだからどこか出かけたいなという気持ちだったりもそうですね。

 

もちろん、気晴らしという意味ではいいのかもしれませんが、今この気晴らしも本当に気晴らしになっているのかすごく疑いぶかいところがあります。

 

社会人たるもの自己管理も仕事の一環です。

 

休日に無理したからと行って会社を休むわけにはいきません。

 

もちろん、働きかたを変えれば変わるのかもしれません。

 

僕は声を大にして言いたいと思います。

 

 

もっとしっかり休もう!

 

何かしないといけないと思っているのは自分だけです。

しっかりと自宅でゆっくりする時間も必要なのです。

 

休むことで体も心も回復していきます。

ガソリン切れで長く走れる車なんてありません。

 

休む勇気を持つことが大切だと思います。

 

  • まとめ

いかがでしょうか。

今なかなか休みますとか誘いの断りができない人が多いと思います。

そういう人に限って休むのが下手くそなんですね。

自分の心と体が1番大事です。

休む勇気を持ってしっかり休む時は休みましょう。

それができるのも優秀なビジネスマンになるための一歩です。