読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業マンブロガー〜ノウハウと働き方とその他もろもろ〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方などを書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

営業を理解するのには3年じゃ足りないという話

どうもこんばんは。

営業マンブロガーです。

 

よく仕事は3年続けなきゃだめだみたいな言葉聞く機会多いですよね。

3年続ければ転職がしやすいだとか何かと3年をめどにしている人も多いと思います。

 

現に何で仕事を続けているかわからないけど、仕事がブラックだけど、

3年とりあえず頑張ってみようかなと言っている人を結構見ます。

 

しかも3年経ったからと言って仕事をいっちょまえに覚えた気になっている人が多い。

 

僕は営業マンなので営業職の話をさせてもらうと、営業マンって単純な仕事ではあります。

モノをお客様に販売する、買ってもらうってことです。

それだからこそ、少し数字が出てくると仕事を知ったような気持ちになってくるんですね。

こうして悪い意味で調子にのってしまう人がいるんですね。

 

営業の仕事というのは一生モノです。

どんな人でも伸びしろがあり、完璧とは言える人はいない仕事です。

それはなぜか。

人と人の商売だからです。

同じ人に同じものを売り続ける営業マンなんていません。

様々なお客様に様々な商材を売ることになるでしょう。

人と人との関係に正解がないように営業にも公式だったり、正解は存在しません。

強いて言えば正解は契約ですかね。

 

それのための過程だったりに正解はありません。

 

その正解を見つけるために営業は勉強したり、様様な知識を増やし、話をします。

 

この正解というのはいつまでたっても見つかりません。

 

営業マンは常に成長していかなければいけない職種です。

現状維持は後退でしかないです。

 

そんな気持ちを大事にしていくことが必要です。

もし、知ったかぶっている営業マンがいればその方に成長はないでしょう。

成長は常に自分の問題点、課題を見つけそれに取り組んでいくことが必要です。

 

  • まとめ

いかがでしょうか。

ちょっと勘違いしている人も多いと思います。

今一度、自分にとってその勘違いを見つめ直し、成長のために動いてみてください。

ではでは。

何か一つのことを極めるということは世界が変わるということ〜勉強の大事さ〜

どうもこんばんは。

営業マンブロガーです。

 

今週の土日はかなり充実してました。

昨日は友人の結婚式、そして今日は趣味のバンド活動。

最近、本当に音楽が好きで止まらない。

今はただのコピーバンドではあるけど、今後色々な活動ができそうな気がする。

みんなメンバーの人もいい人で助かりました。

 

というわけで僕は今まで音楽が好きでと言い続けていましたが、まだまだ甘かったなという話をしていきたいと思います。

何かをやる上でそれを好きな気持ちってとても大事だと思います。

アーティストが好きとか楽器が好きとか、作曲が好きとか色々あると思います。

これの好きな気持ちの大小というのはあるかもしれません。

でも自分が好きと思っていてこれだけは譲れないということにも上には上が居るんだなと思いました。

 

でも自分より上の人に会ってしょげる自分ではありません。

とにかく追いつきたい、追い越したい、もっと知りたいと思う気持ちでいっぱいです。

 

本日はそんな気持ちをバンドの集まりで感じました。

 

みんなレベルが高い、意識が高い、知識が深い。

 

僕なんかよりもっともっと。

そんな刺激のある環境を作れた自分は誇りに思います。

 

ただ大事なのはその環境で自分がどう成長していくかだと思います。

 

そして今世間では何か一つのことを極めているとオタクと言われて馬鹿にされたりしていますが、とても大事だし、すごいことだと思います。

逆にあなたは何か一つそれほどまでに熱中していることはありますか?

 

何か一つを極めるというのは見える世界が大きく変わってきます。

そして見え方も熱中の仕方が変わります。

 

僕は今とても燃えています。

久しぶりに本当にやりたいことが見えてきそうな気がしてきて。

とにかくギターを弾きたい、歌いたい。

そして自分の力で発信していきたい。

 

  • まとめ

感情的にはなっているかもしれませんが、何かを好きになる気持ちってとても大事だし、そこで出会える仲間というのはとてもかけがえのないものだと思います。

そんな世界を大事にしていくと人生が豊かになっていると思います。

ブラック企業と働くのが辛い、仕事が大変は全然違うという話

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

 

今日はサラリーマンにとっては華金。

明日から休みだと思いながら本日の仕事をしている人が多いのではないでしょうか。

休みの前日だとわくわくしますよね。

明日も仕事の人もいるかもしれないが。

 

というわけで本日のテーマは「ブラック企業と働くのがつらい、大変は全然違う」ということをテーマに書いていきたいと思います。

 

みなさん、仕事はどうですか?

楽しいですか?

僕は楽しいです。

 

でも居酒屋で飲んでたり、友人のSNSなんかを見てみると

会社の悪口だったり、働くのがつらいよなんて書いてあったり耳にすることが多いです。

そして特に新卒の人達もこの時期になると少しずつ悪口を言いはじめる人が増えてくると思います。

まず初めにいうとこの悪口というのは何も生みませんし、何の解決にもならないことを先に言っておきます。

 

僕が結構耳にするのが「うちまじブラック(企業)だわー」って言葉ですね。

実際に世間でニュースになるくらいのブラック企業にいた自分からすれば

「なにいってんだ、甘ったれてるだけだろ」と思ってしまうんですね。

もちろん、うちのがブラック企業だからとどんぐりの背比べをする訳でもしたい訳でもありませんが。

仕事が出来ない、もしくは要領が悪い、考え方の問題を全て会社のせいにしてないか?

ということです。

 

結構こういう人が多いと思うんですよね。

実際に仕事内容、会社の規則、労働時間、人間関係など聞いてもかなりホワイト企業であるのに関わらず仕事がつらい、働くのがつらいとの理由で

「うちの会社ブラックだから」という言葉が出てくるんですね。

経営者からしたらたまったもんじゃないですよね。

仕事が出来ない人間から会社の悪口を言われるなんて。

 

僕はその言葉を言う前にほんとにそれほどまでに自分は仕事が出来ているのかというのを考えてみてください。

ほとんどの人が自分のことを棚に上げて話をしています。

 

そもそもブラック企業だと思うなら単純に転職だったり、独立すればいいと思う。

そういったものが簡単に出来る仕事だ。

 

仕事が出来る人間は基本的に会社のことを悪く言わない。

悪くいうのではなく改善点を具体的に述べることが出来る。

抽象的な誹謗、中傷は何もうまないということを知っているからです。

 

簡単に「ブラック企業」なんて口にしていると僕は「あーこの人は仕事が出来ないんだな。その環境を変えるだけの力も勇気もないんだな」と思ってしまいます。

こう考える経営者の人も少なくないはずです。

 

まずは自分がしっかり仕事をしているのか。努力をしているのか。勉強しているのか。

振替ってみてください。

 

  • まとめ

いかがでしょうか。少し批判チックになってしまいましたが、僕のあくまで個人的な意見です。

でも共感してくれる人も多いと思います。

働き方なんて今様々なのに、そこに固執する必要もないので。

いい社会人人生を送りましょう。

思ったままのことをそのまま吐き出せる環境は大事だと思う

どうもこんばんは。

営業マンブロガーです。

最近、営業の成績がとても調子がいいのでそのことも書いていきたいと思います。

本来営業マンとしてのブログを書く予定だったけど、気づけばいろんなことを書いている。

でもこう言った感じで僕のブログがいいんだと思う。

ブログは俺らしさを貫きとおしていいと思う。

 

ということで本日のテーマは「思ったことをそのまま吐き出せる環境について」というテーマで書いていきたいと思う。

 

みなさんは思ったこと、感じたこと、考えてることをそのまま発信できたりしてますか?

 

ほとんどの人が周りの目を気にしたり、周りに気を使ったり、傷つけてしまうのではないかという不安から発信できなかったりしていると思います。

 

そういった意味でみなさん我慢している部分があると思うんですよね。

なので、部外者の人に愚痴を言って発散しているわけです。

 

問題点は部外者の人に愚痴をいくら言ったところで問題の解決には絶対ならないのです。

その場しのぎの逃げですね。

 

結局は当事者同士で解決しなきゃいけないと思います。

ただそこで思ったことや考え方を発信できなければ意味ないですよね。

 

1番大事なのは思ったことを言えない環境があるということです。

本来であれば特に仕事であれば思ったことや考え方を共有できるものでなければいけないと思います。

 

発信できる力を身につけることももちろん大事ですが、環境作りが僕は大事だと思う。

 

なんでも言い合える環境を作る。

 

その環境を作るためには、人のことを理解する、相手の心を察することが大事だと思う。

 

 

  • まとめ

いかがでしょうか。

そういった環境にしたいとお考えの方、コンサルタントを行っております。

また営業成績が全国1位になったので営業コンサルを受けたい方は是非声をかけてください。

新人営業マンが1ヶ月のテレアポで新規案件のみで27アポを入れた話〜テレアポのノウハウ〜|imawoikiru|note

 

ではでは。

本当に素敵な大人は実は「クレヨンしんちゃん」なんじゃないかな

どうもこんばんは。

当たり前のことを当たり前をこなすのって本当に難しいですよね。

いきなりですけども。

僕は高校生の頃から大人ってなんだろー、どういうのが大人なんだろうって不思議に思ってました。

 

女性からは男性は「ガキ」と言われるし、大人になりなよ、大人になろうよとか

一般的に男性の方が女性より精神年齢が低いと言われているけど

果たして精神年齢が高いと「大人」なのか?

逆に精神年齢が低いと「ガキ」なのか。

 

大人になるってどういうことなんでしょうか。

またガキだと何がいけないのでしょうか。

 

もちろん、世間的な常識だったり、考え方を理解する頭の良さは必要だと思いますが、常識に縛られていたら面白くないし、そもそもそれが大人というのであれば僕は大人になんかなりたくない。

 

みんなが言っている大人って

しっかりしてて、生活力もあって、落ち着いてて見たいな感じなのかな。

会社でも頼られててある程度の常識があって見たいな。

 

そんな大人には俺はなりたくないんだよな。

 

俺が理想とする大人って

ガキっぽくて好きなことに真面目で、純粋で違うと思ったことに対して違うとちゃんと言える人だと思うんですよね。

 

社会にもまれているだけの人なんて何の魅力もない大人だと思います。

 

僕が理想とする大人はアニメの「クレヨンしんちゃん」に出てくる野原しんのすけです。

 

彼は若干5歳の幼稚園児でありますが、正しいことは正しいと言えるし、1番大事なことに気づいていて、常識にとらわれず、そして何もかも純粋で好きなことに対してはとにかく一生懸命で絶対諦めない心を持っている。

 

そんな大人に僕はなりたい。

 

好きなことは好きだと言える、そして一生懸命になれる。

純粋で真っ直ぐ

正しいことは正しい、違うことは違うと言える。

楽しいことには目がない。

仲間、家族を大切にする。

 

そんな大人になりたい。

世間的な大人になんか憧れたくない。

 

最新のクレヨンしんちゃんの映画が楽しみです。

毎度泣いてしまうので。

 

ではでは。

 

好きなことだけをする生活をするためには何が必要か

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

最近本当に気温も暑くなってきて夏が春を通り過ぎてきてしまったような季節の流れですね。

こういった季節の変わり目だったり、気温の寒暖さは体調が崩れやすいのでしっかり体調管理はしましょう。

 

というわけで今回のテーマは「好きなことだけをして生活をするためには」というテーマで書いていきたいと思います。

 

  • 好きなことだけをする為にはどうしたらいいか

まず会社員の人であれば副業をしましょう。今世間的にも副業を認めようという動きが出ていますが、副業をした方がいいです。

いきなり独立して好きなことだけをしていくとなるとかなりハードルが上がってしまいますが、会社員をしながらという形であれば固定の収入が入ってきながら副業が出来るので安定した生活が出来ます。そして安定したチャレンジが出来ます。

会社員って以外に恵まれている立場だと思います。

普段どおり仕事をしているだけで固定の収入が入ってきます。

個人で独立したりフリーランスの人はこんなものは存在しません。

仕事をしなければ、成果を出さなければ収入は入ってきません。

これは普通の一般論からするとちょっとリスキーですよね。

であれば会社員の人は上手く今ある環境を使いましょう。

時間は限られているとは思いますが、必ず時間は作れます。

まず出来ることをやっていきましょう。

僕としてはまずブログを書くことをおすすめします。

新規参入しやすいですし、なんといっても初期投資がかなり低いです。

またじわじわ伸びてくるものだと思っております。

FXや株投資などよりも十分に確実性があります。

あとは発信力をつけることが出来ます。

 

いざ、独立するとなるととても勇気のいる行動だし不安もかなりあると思います。

 

僕が一番大事だと思うことは、

「行動力」です。

 

これが中々無い人が多いと思います。

まずやってみる、出来ることから手を出してみる、話を聞いてみる、恐れずチャレンジしてみる。

 

これが出来なければ好きなことだけをして生活をするというのは難しいです。

そして逆をいうと行動力がある人は何でもできます。

そういう時代です。

 

  • 行動力をつけるためには

まずは色々な人に会いましょう。いまやSNSや講演などで簡単に色々な人に接触が出来る時代です。自分が面白いなと思う人にどんどん会いましょう。

そうすると自分自身の考え方や価値観が変わります。

人間の性格や人間性に回りの環境というのは大きく関係してきます。

環境が変われば自分も変わります。

行動力とつけるためには身の回りの環境を帰ることが必要です。

いつまでも同じメンバーで囲まれているとどうしても保守的になりがちです。

 

たまにはめんどくさいかもしれないですが、様々な人に会うのもいいかもしれませんね。

 

それがあなたの財産になるかもしれません。

 

  • まとめ

いかがでしょうか。

好きなことだけをするには覚悟や決断が常に強いられてきます。

また柔軟な考え方も必要になってます。

ただ、その先には豊かな人生がまっていると思いますよ

お酒を飲みながらまじまじと仕事の話をする人は仕事できない人だと思う

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

今月の成績がとてもよく終われそうなのでしばらくはブログも真剣に色々数字を伸ばすために書いていきたいと思います。

ここ最近いきなり気温も上がり、服装もコートがいらない季節になってきましたね。

 

ということで本日のテーマは「お酒を飲んだ時に仕事の話をまじまじとしてくる人は仕事できない人だと思う」というテーマで書いていきたいと思います。

 

よくみなさんも仕事帰りだったり、上司に誘われてだったり、接待だったりで仕事関係の人とお酒を飲む機会って非常に多いと思います。

実際、あんまり自分的にはあんまり気が向かなかったり、乗り気じゃない飲み会も多いことでしょう。

ただ、サラリーマンの場合、お得意さんだったり、取引先の方から誘われた場合ってなかなか断りづらいのが現状だと思います。

また上司に誘われても同じですね。

もちろん、断る権利は当然あるので、断っても全然大丈夫です。

断って関係が悪くなってしまう関係なんてそれまでの関係だと思いましょう。

深い関係はもっと違うところで作れると思うからです。

 

断る勇気を持とう。

 

ただ、普通に行く人もいると思います。

お酒が好きだったり、取引先の方が面白かったりすれば別ですね。

 

ただ、仕事関係の飲み会にやたら仕事の話をしてくる、したがる人っていると思います。

みなさんはどうお考えですか?

あくまで固定概念の世界なのでこう言った考えを持ってますくらいではあるのですが、大抵飲みながらまじまじと仕事の相談だったり、考え方をずっと延々としゃべられても僕はシラフの時にそう言った真面目な話はしてくれよといつも思ってしまいます。

 

その人の承認欲求を満たしているのかもしれませんが、僕は耳を塞ぎたくなってしまいます。

共通の話題が仕事関係のことってなってしまうのかもしれないですが、人と人との関係でもちろん、共通の話題から仲良くなるパターンもありますが、ほとんどは色々な話題だったりその人のことを知って行って仲良くなることのが多いと思います。

仕事のこと以外知ろうとしないのでしょうか。

普段の生活だったり、趣味、交友関係だったり色々ある中であえて仕事の話をチョイスするというのは僕自身会話のセンスがあまりないなと思ってしまいます。

 

仕事において会話のセンスってすごく大事だと思っています。

どういったことを話せばこう言う風に伝わる、こう言えば盛り上がるなどを分からないというのは不利なのでしっかり学んでいきましょう。

 

そしてこの会話のセンスがない人は大抵仕事ができない人と踏んでおります。

 

なので結果的に「まじまじと飲んでいる時に仕事の話をする人は仕事ができない」という風に考えております。

 

  • まとめ

いかがでしょうか。

あくまで僕の考えではありますので、いやあの人はとかあるかもしれませんがそう言った批判ではないので。

あくまで考え方の問題です。

では有意義な休日を